銭湯広場

岡田湯|足立区 関原

植物に囲まれた癒しのボタニカル銭湯
銭湯ということを忘れてしまうほどのおしゃれな空間

岡田湯ロビー

写真を見ただけで、ここを銭湯のロビーと思う人がいるでしょうか?

東武伊勢崎線「西新井」駅より徒歩10分ほどの住宅地にある岡田湯はスポーツジムと隣接する銭湯で一見銭湯に見えない外観です。

中に入るとさらに「え!ここ銭湯」というようなロビーが待ち受けています。まるでホテル、オシャレなリビングというような広々とした空間です。

木目と白を基調としたロビーは、ソファーのあるスペースと掘りごたつ状のテーブル席のスペース、2階の多目的スペースのロビーロフトで構成されていて、所々に配置された植物、吹き抜けの天井がさらに開放感を生み出しています。

天井まである壁一面の本棚、さりげなく飾られている写真やアートなど隅々までこだわりがうかがえます。飾られている写真は、改装前の昔ながらの宮造り様式の写真がモノクロのアート写真のように飾られています。

岡田湯ロビー
天井まである本棚には、さまざまな書籍や小物が置かれています

岡田湯
リニューアル前の銭湯は、今では想像できない宮造りの銭湯です

2階のスペースは、多目的スペースとしても使用されていて、足立区との共同イベントヨガなどのイベントに使われることもあるそうです。また、ランナーズロッカーも設置されています。

岡田湯ロビーロフト
ロビーロフトには、個室のパウダールーム&トイレと喫煙室も設置されています

岡田湯ロビー
ロビーロフトから見た1階のロビー

岡田湯は、昭和の初期に創業されて今のご主人で3代目となります。2代目から経営を受け継いだ長男の岡田信彦さんと弟の博樹さんにより現在の銭湯を経営しています。

建物や設備の老朽化に伴い、2011年に銭湯を建て直し、リニューアルオープン。運営は、博樹さんが主に行っています。リニューアルの設計に関して、「これからは若い世代の人たちにも銭湯を利用してもらいたい」という思いを込めて、兄の信彦さんが細部までこだわり、設計士と綿密に相談しながら形にして行ったそうです。

 

植物に囲まれた明るい銭湯で心も体もリフレッシュ

ロビーで圧倒されましたが、ここから浴室のご紹介です。まずは、男湯から拝見しましょう。清潔感のある脱衣所には、大きめなロッカーが配置されています。

岡田湯脱衣所
シックとポップを融合したデザインの脱衣所

壁面が大きな窓と植物が配置
壁面が大きな窓と植物が配置されていて、リラクゼーション効果がさらに高まります

岡田湯 檜の香り
檜の香りが心と体を癒します

さて、浴室に入ると優しい自然光と植物に包まれた明るく清潔感のある浴室が広がります。
浴槽は、檜風呂、バブルジェットバス、高温サウナ、スチームサウナ、水風呂があり、さらに奥に進むとまるで植物園のような露天風呂(ガーデン風呂)があります。

緑に囲まれた中、太陽の光や星を見ながらゆっくりとしたひと時を過ごせば、1日の疲れやストレスが解消されます。

岡田湯 ガーデン風呂
浴室を抜けるとガーデン風呂に続きます

岡田湯 ガーデン風呂

岡田湯 ガーデン風呂
植物に囲まれての入浴は、至福のひと時を過ごせます

女湯の脱衣場は、ガラリと雰囲気が異なり、パブのようなスタイル。
浴室は、乳白の一面のガラスに覆われ、明るい日差しが入ってきます。

岡田湯 脱衣所
ポップな雰囲気の脱衣場は若い女性に好評です

岡田湯 浴室
浴室は男湯同様に壁一面のガラスと植物が配置されていて落ち着いた雰囲気です

女湯には、露天風呂はありませんが、
太陽の熱を利用して温められた太陽風呂、
シルキーバス、
弱炭酸泉風呂、
高温サウナ、
ミストサウナ、
水風呂と植物に囲まれたロフトがあります。

そして、女性にはうれしい半個室の化粧室ダイソンのドライヤーも用意されていて、風呂上りのケアもバッチリできます。

弱炭酸泉のツボ風呂 ミストサウナ 水風呂
ロフトには、弱炭酸泉のツボ風呂とミストサウナ(無料)、水風呂があります

岡田湯 ミストサウナ
まるでシャネルをイメージするような装飾のミストサウナ

ロフトから眺める女湯の風景
ロフトから眺める女湯の風景

浴室のお湯はすべて肌に優しい軟水を使用していて、お湯は43℃のやや温めなので、植物を眺めながらゆっくりと浸かるには、ちょうど良い温度です。カウンターでは生ビールも販売しているので、体が芯まで温まった後に、ロビーでくつろぎながら生ビールを飲んで至福のひと時を過ごすこともできます。

 

【取材後記】
取材撮影を終えた後、営業時間を待ちお湯に浸かりました。取材時でもその銭湯の空間の素晴らしさを目の当たりにしましたが、いざお湯に浸かりながら浴室を見回すとその気持ちよさは計り知れないものでした。当日は小雨が降っていたため、お客さんの出足が遅かったこともあり、ゆったりと満喫することができました。銭湯はコミュニケーションの場でもあるので、湯を共にしたお客さんとも話が弾みました。
ここには、ほとんど毎日来てるね。露天風呂は最高だよ」と常連のお客さん。
植物園のように植物目当てに来るお客さんもいるようです。

⬛ 岡田湯

営業時間:14:00~23:45
定休日:月曜日
入浴料:大人460円、中高生300円、小学生180円、乳幼児80円
その他の販売:サウナ200円(入浴料別途)、生ビール400円、ランナーズロッカー(1ヶ月)1,000円、タオルセット(タオル・シャンプー・リンス)400円、他。

住所:東京都足立区関原3-43-2
岡田湯 HP

コメント

★お気軽にコメントをどうぞ

コメントは承認後に反映されます。送信後しばらくお待ちください。

CAPTCHA